トラブルは正しい専門家へ

自分がお金を借りている金融会社がどうも違法な金利をかけているんじゃないかと疑わしくなりましたら、その金融会社は違法金融会社である可能性があります。
そういったとき、そのまま払い続けなければならないかというと、そうではありません。
違法な営業を行っている違法金融会社であると気づいた時点で、何らかの対策を講じればそれ以上のその会社と関わらなくてもよくなります。

しかしながら、それを一人でやろうとしないでください。
自分で「あなたたちが違法な営業しているんだから、もうあなたたちにはお金を払いません」なんて言ったら大変なことになります。
違法な金融会社はだいぶ減りましたが、減った分残った会社は相当たちの悪い会社ばかりです。
執拗な嫌がらせや、時には恐喝や暴力、そして職場にまで乗り込んだりしますので、本当に大変な目にあいます。

そして警察にも安易に頼らないほうがよろしいでしょう。
というよりも、警察を頼っても相手にしてもらえないこともあります。
これは別に警察の職務怠慢というわけではなく、警察はそんな民事の出来事には介入できないのです。
もちろん、暴力などの被害にあった際にはすぐに警察に頼るべきですが、違法金融会社も中々狡猾でして、警察が介入する口実を与えないように返済を要求しているのです。
そのため、違法金融業者に対してはあまり警察もあてにならないのです。

違法金融会社だと気づいた際には、法律事務所などで専門家に相談しましょう。
無料相談所も多いため、無料で相談することも可能です。
そして、本当にその金融会社が違法なことをしていないか、相談しましょう。
相談することで、その先の行動が決まってきますので、まずは専門家に相談してください!